ニキビ痕専用 導入型柔軟化粧水 「リプロスキン」

↓ 潰したニキビにも!導入型柔軟化粧水! ↓

Reproskin(リプロスキン)

ニキビ跡の種類

ニキビ跡といっても、ニキビ跡と呼ばれるのものには主に3種類あります。

 

  1. 赤みが残るタイプのニキビ跡
  2. シミが残るタイプのニキビ跡
  3. クレーターと呼ばれる陥没型のニキビ跡

 

1. 赤みが残るタイプのニキビ跡

ニキビの赤みが跡に残るタイプは

⇒炎症を起こして赤みが出た後に、

ニキビ自体はほぼ治っているのにかかわらず赤みが残ってしまう状態

 

このタイプの赤みはなかなか治らず

何年も残る場合もあり厄介です。

 

ニキビ跡の赤みを早く消す為には?

ビタミンC誘導体の化粧水やイオン導入が効果的

 

⇒導入型柔軟化粧水

 

2. シミが残るタイプのニキビ跡

シミが残るタイプのニキビ跡の原因は

⇒炎症性の色素が沈着することで残ってしまうのが原因です。

 

何年もかけて治る場合もありますが、

そのまま残ってしまうこともあります。

 

対策ですが

紫外線対策を万全にする

弱めの日焼け止めを複数回こまめにつけるのがお肌には優しい

 

強めの日焼け止めをしっかり塗る事で、

紫外線は防げますが、

その分お肌への負担も大きいようです。

 

弱めの日焼け止めを何回もこまめに塗る方が、

お肌には優しくて良いそうです。

 

他には

 

美白化粧品も効果的です。

皮膚科など専門医によるピーリング治療を受けると早く改善しやすいです。

 

3. クレーターと呼ばれる陥没型のニキビ跡

 

3つの中で一番やっかいなのが陥没型のニキビ跡(クレーター)です。

自分でのケアや改善は難しいとされています。

 

美容皮膚科などで相談、専門の治療を受けるのが良いかと思います。

効果的な治療としては

 

・ピーリング

・レーザー治療

・レチノイン酸の塗り薬でのケア

 

などがあります。

(予算は一般的に10万円が目安です。)

 

最後に私自身の体験談ですが、

私もニキビの赤みやニキビ跡(クレーター=凸凹)には長年悩まされました。

 

その時に役に立ったのが

シソ油(エゴマ油、亜麻仁油)を飲む体内からのスキンケアでした。

 

時間はかかりましたが3年ほど飲み続けたことで

今では気にならないレベルまで

ニキビ跡の赤みや凸凹が良くなったので

日々のスキンケアに取り入れてみるのも良いかもしれません。

 

私は毎日小さじ2杯を直に飲んでいます。

シソ油に含まれるアルファリノレン酸が、

お肌を作る基礎の栄養になっているようなので

じわじわと健康的なお肌になってきたのでは?と思います。

 

 

リプロスキン
リプロスキン
© 2016 ニキビ 赤み rss